銀座の逢魔が刻。梅雨開け前。

IMG_0606_convert_20170712213731.jpg

IMG_0608_convert_20170712213611.jpg

逢魔が刻という言葉をはじめて知ったのは、大島弓子の漫画だった気がする。夕暮れはどこの場所でもいつも懐かしい。
スポンサーサイト