-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-17 23:28 | カテゴリ:
 真夏日・熱帯夜が続いてもう夏かと思っていたら、どっこい梅雨前線が居残っておりました。今日は初めて施餓鬼会なるものに行って来ました。法要前の説法1時間のスケジュールにすっぱり参加を辞退しておりましたが、「お食事の用意があります」にまんまとひっかかって、雨の中うろうろ出かけちゃいました。これが長かった。11時半から15時半までお寺に居ずっぱり。ぼんやりいい時間を過ごしたともいえます。鉦や太鼓(木魚)に合唱(お経)、景品(蓮の花びらにきれいな絵が描かれたものをお坊さんが袂翻して突然ばらまく。ここで目が覚める。いきなりはいつくばって拾う。周りの老若男女は意外と冷静。すこし恥ずかしくて、隣の方にも差し上げました。)あり。太鼓の係りのお坊さんはリズム感がよい人が選ばれるのかなどと想像しながら足でリズムとったり。お寺に行く前に、諸星大二郎の「暗黒神話」を読み直して、施餓鬼会の予習をしていきましたが、餓鬼は出てきませんでした。当たり前ですが出たらかなり怖い。餓鬼が出たとき、どのお坊さんが頼りになりそうか、逃げるのはどこから、袈裟はいくつもってるのか、着こなしが少しずつ違うとかなんとかかんとか半覚醒の頭で考えてはきょろきょろにやにや、かなり怪しかったかも。結構おもしろかったです。でも、来年は行かなくていいかな。一緒に行った姉は、10年は行かなくていいと断言してました。10年て何なんだ。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。