上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 休診日の水曜日は、撮りためたDVD鑑賞に忙しい。毎日撮っている番組が2つあるので、水曜日と日曜日に見ても時間が足りない。撮りためたのを観ている間に次の録画が始まったりして、DVDデッキに「オラオラはよみんかい」と追いたてられているようです。今は珍しく現代のドラマですが、つい最近まで時代劇の再放送を撮っておりました。時代劇好きなんですよ。ちょっと趣味にあわなくて今のは撮ってませんが、東京12チャンネルでは非常に昔の番組の再放送をやることがあります。今思うと夢のような配役で、蜷川幸夫のたよりない若旦那とか、伊藤雄之介と先代の勘三郎の競演とかすごいです。もちろん時代小説も好きです。今朝(15日)、銀座の裏通りを歩いていたら、ビルの軒下からツバメが低く飛んで目の前をかすめていきました。池波正太郎の小説では、この季節にはツバメが頬やら髷やらをかすめて飛んでいきます。このことかと、はたと手を打って、今日の私は秋山小兵衛とスタスタ剣豪のように歩いて出勤してきました。と、書いたところで、落語に出かけてしまいました。
 今日は翌6月16日(和菓子の日)豪雨です。番組表をみたら、なんと今日は「剣客商売スペシャル」があるではないですか。なんという偶然、吉報。急いで録画をセットして、やれ安心。昔、加藤剛が大治郎を演った剣客商売の再放送を12チャンネルさんお願いします。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。